交換の際に行うべき事

安全走行のための必須作業

整備される車

タイヤ交換を自分でできる人は、どちらかというと数が少ないのかもしれません。とはいえ、冬と夏、一年に二回、タイヤ交換をする時期は必ず訪れます。安全走行をするためにも、きちんとしたタイヤ交換ができることが一番大切ですので、自分で行えないという人は、信頼できるお店を選ぶことを心がけましょう。タイヤ交換は、4本のタイヤを交換するだけと思われがちですが、実際はそこにしっかりとチェックが入るべきです。それは、タイヤ交換をする際に、タイヤの状態が走行に耐えうるものとなっているかという事のチェック。さらに、タイヤを取り付けた後にバランスがきちんととれているかどうかを調べる必要があります。特に長年使用しているタイヤは、溝が浅くなってしまっている可能性もあります。溝がしっかりとなければ、新しいタイヤへと交換も考えなければなりません。車検の時には必ず見られるものでもあります。注意をしておきましょう。そして、タイヤ取付をした後には、バランス測定も行うのがベストです。タイヤのバランスが悪いと、走行中にまっすぐ走るのが難しい、または運転しにくくなってしまうこともあります。タイヤ交換をしっかりとしてくれるお店であれば、タイヤバランサーを使用して、きちんとタイヤの状態を調べてくれますので、安心です。個人でタイヤの交換をすると、タイヤの亀裂などは見つけられるかもしれませんが、バランスチェックなどはできないのではないでしょうか。信頼できるお店で交換を依頼するほうが安心と言えそうです。

ガソリンスタンドは便利

レディ

車を購入して、しばらく乗っているとタイヤがすり減ってしまいます。そして、それが原因で思わぬ事故につながることや、車検に引っかかってしまうこともあります。そうならないためにも、溝がなくなってきたものや、タイヤに違和感を持ち始めたら、新しいものに交換した方が良いです。そこで、タイヤ交換してもらうために、専門店やディーラーなどを考える人は多いです。しかし、私たちの身近にあるガソリンスタンドでもタイヤ交換を行っているのです。ガソリンスタンドは車のガソリンを入れて、灯油が販売しているなど、燃料を補充している店という印象が強いですが、全国各地のほとんどの店舗が対応しています。そのため、ディーラーや専門店までは距離が離れていて行くのがつらいという方などはとても便利です。さらに、少しでも交換する費用を抑えたいという方は、インターネットなどでタイヤを購入してそれをガソリンスタンドに持ち込むと通常の交換方法より安くできます。また、専門店やディーラーなどは、車のタイヤを持ち込むのを禁止している所も多いため、ガソリンスタンドはその点が利点だと言えます。そして、ガソリンスタンドにタイヤ交換に行く際は、ガソリンを入れるときのようにアポなしで行くのではなく、しっかり事前に予約をすることが大切です。なぜなら、いきなり連絡もなしに行ってしまうと、店員が対応に追われ、店に迷惑がかかってしまう可能性があるからです。タイヤ交換をスムーズに行うためにもマナーを守って行動しましょう。

暇な時間の利用が良い

ミニカーを持つ人

突然雪が降ってしまい、スタットレスに交換する必要が起きてしまった時など、専門店やガソリンスタンドでは、かなり待った経験があると言う人も多いのではないでしょうか。そんな時、自分自身でタイヤ交換が出来ると、そんな無駄な時間は必要としません。一度、試しにタイヤ交換をしてみることをお薦めします。そこには、ジャッキーとレンチを改めて購入することが、良い方法と考えられます。まず、自分でタイヤ交換をするには、ホィールとセットにしておく必要があります。ホィールとタイヤがセットになっていることで、意外と簡単にタイヤ交換は出来ると知っておきましょう。そして4本のタイヤそれぞれには、以前の位置を示しておくと良いでしょう。前輪右、左、後輪右、左と示しておくことで、元の位置にタイヤを収めることが出来ます。また、少し減って来たと感じるようになった時は、前輪右を後輪左に、更には前輪左を後輪右へと言ったローテーションを組むことが、長持ちさせる要因と言われます。交換したタイヤでの心配は、空気圧とバランスです。空気圧は、燃料を入れる時にガソリンスタンドで調べることが可能です。また、バランスが取れていないと、高速運転でハンドルがブレルことになります。その時は、ディラーやガソリンスタンドにて、バランスの調整をしてもらうようにする必要があります。履き替えることで、仕舞う必要になったタイヤは、綺麗に水洗いをすると供に袋を掛けておくことで、汚から守る方法を取ることで、長持ちさせることに繋がります。