ネット購入のタイヤも対応

専門店やスタンドで交換

自動車

インターネットによるタイヤの販売が普及したことにより、店舗で直接タイヤ交換をする以外にも、持ち込みでタイヤ交換する方が増えています。持ち込みによるタイヤ交換は、対応している店舗としていない店舗があるので、あらかじめ電話などで確認しておくと確実です。持ち込み可能な店舗では、ホームページやチラシなどでタイヤ交換の持ち込みが可能である事を宣伝しているケースも多いです。また、対応店舗を探している場合は宣伝として持ち込みが可能である事をアピールしている店舗を選ぶと安心です。また、持ち込み専門でタイヤ交換を行なっている店舗も近年では増えており、気兼ねなく交換作業を頼むことが出来ます。タイヤ交換にかかる費用はタイヤのインチで料金が異なるのが一般的で、廃タイヤが出る場合はプラスで料金がかかることもあります。持ち込みの場合、工賃にはタイヤを交換する費用以外に窒素を充填する費用や大型車の場合の費用などが計算に組み込まれます。飛び込みで作業を行える店舗もありますが、あらかじめ予約をしておくと割引費用となることもありお得です。タイヤを持ち込みで交換出来る場所は、タイヤショップやディーラーなどの他にガソリンスタンドでも行なっており、洗車を行う際に交換することも可能です。車を手頃な価格でメンテナンスしたい場合にガソリンスタンドを利用する方も多く、洗車やオイル交換のために移動をする手間が省けるので利用しやすいと言えます。タイヤ交換は、タイヤの擦り切れが目立たなくても定期的な交換を習慣にすると常に安心して走行することが出来ます。

大きく値段が違います

タイヤ交換

タイヤ交換をする際に持ち込みをする人もいますが、その際は足を運ぶ店を選ばないと金銭面の部分で損をします。一年前に購入をしたタイヤがまだ使える状態にある人は、自宅から店に持っていき作業をしもらいますが単純に安い場所を探しましょう。購入をする費用がかからないのでどこでも良いと考えてしまう人もいますが、なるべく安い場所を探せた方が金銭的な負担は少なくて済みます。時間をかけて価格を比較しても数百円しか変わらないイメージがありますが、安い場所と高い場所では数千円以上の差になります。一回のタイヤ交換で数千円も違えばかなり大きな差になりますし、カー用品が販売されている場所であれば好きな商品を一つ程度購入できます。持ち込みでもタイヤ交換をしてくれる店が生活している地域に一ヶ所しかないと考えている人もいますが、ガソリンスタンドなども該当します。特にタイヤ交換の費用が安いのはガソリンスタンドであまり混雑をしていない場合が多く待ち時間も出ないケースが多いです。また場所によっては24時間営業をしていて持ち込みのタイヤ交換でも対応をしてくれる場所もあるので調べておきましょう。最近はガソリンスタンドでもホームページを持つようになっているので自宅にいても情報を調べる事ができますし、頻繁に利用をする場所なら質問しても良いでしょう。持ち込みでタイヤ交換をすると言う事は次回は購入をする可能性もあるので、処分にかかる費用も一緒に聞く事をおすすめします。

プロの判断

整備士

徐々に積雪地域では雪の便りも聞こえてきましたが、雪に備え夏タイヤからスタッドレスタイヤに、タイヤ交換する時期となりました。スタッドレスタイヤは、およそ3年ほどで買い替えのサイクルと言われていますので、その間多くの方は夏は自宅などに保管し、冬にタイヤ交換すると言うパターンになります。タイヤ交換を行う場合には、ユーザー自身が行うケースもありますが、ディーラーやガソリンスタンドなどの業者に、持ち込みで依頼するというケースも多いという実情があります。業者に持ち込みでタイヤ交換を行うメリットは、手間隙の問題もありますが、持ち込みを行う事によってプロの目で、タイヤのコンディションをチェックしてもらえるというポイントが、第一に挙げられます。これは、ユーザー自身としては、なるべく買い換えたくありませんから、タイヤのコンディションを贔屓目に判断しがちになるからです。この事もありタイヤのコンディションは、事故や危険に直結するものですから、溝の減り具合やゴムの劣化、空気圧などのコンディションをプロの目で、判断してもらう事の意味は大きいと言えます。業者に依頼すれば工賃がかかりますが、安心料と考えれば決して高いものではないと言って良いでしょう。しかしながら、タイヤ交換を持ち込みで依頼する場合に、注意が必要なポイントとして、雪の降り始めの時期はどの業者も込み合いますので、ある程度事前に日程を予約しておく必要があります。