安全性を高めよう

車のチェックを依頼

タイヤ

冬になったら、早いうちにスタッドレスタイヤに付け替えがお勧めです。まだまだ雪は降らないなと予想していても、急にものすごい雪が降ることもあります。かじかむ手で、雪の降る中で探り探りタイヤチェーンを付ける作業は、体験してみるとわかりますがとても大変です。スタッドレスタイヤをつけておくことで、安心して運転を続けることが出来るので、無駄な時間を作らずに済むのもメリットです。スタッドレスタイヤを交換する際は、ジャッキで持ち上げて、通常のタイヤ交換の方法で取り換えをすることとなります。毎回取り替えをしているから、特に問題ないと考えている場合でも、タイヤというのは使っているうちに、ずれが出てくるといわれています。バランスが悪いまま走行することで、振動が出たり、部品に負担をかけてしまったりする事にもつながるため、定期的にタイヤのバランスチェックを行うのが安心です。スタッドレスタイヤについても同様です。自分自身でバランスチェックを行うためには、タイヤバランサーを持っている必要があります。お値段は5千円前後からありますが、精度等を考えるとどのぐらいの値段のものを購入すればいいのか、素人ではわからないというのが正直なところではないでしょうか。自分で行うのは難しいかもしれないと感じたら、ショップに依頼してみましょう。タイヤ交換の際に同時に依頼をしておくと時間の短縮になります。ぶれている場合には、しっかりと調整してくれるので、プロの技術にお任せしてしまう方が安心かもしれません。

夏タイヤと異なる

家族

車に乗っている人の中には冬になるとスタッドレスタイヤに交換する人がいます。これはスタッドレスタイヤが夏タイヤと異なる特徴を持っているからです。ここではスタッドレスタイヤの特徴に焦点を当てていきます。そもそもスタッドレスタイヤとは冬の凍結した道路を安全に走ることができるように開発されたタイヤのことです。滑りやすい道路であってもタイヤの制動力を高めることでスムーズに走ることができます。外形的な特徴としてはタイヤの表面に深い溝があることです。これで道路を噛むことで滑りにくくなっています。そして、この溝を注意深く見てみると「サイプ」という細かい溝が切られています。それからゴムに関しては、通常のタイヤと異なって温度変化の影響を受けないように作られています。通常であれば温度が低くなるとタイヤが硬くなるのですが、スタッドレスタイヤの場合はガラス繊維やクルミが使われていて、いつでも柔らかいです。このスタッドレスタイヤはしばしば誤解されることですが、決して冬専用のタイヤではありません。実は夏においても通常のタイヤとほぼ同じように使用することができます。ただし、注意するべき点もあります。それはグリップ力が少し低いので、制動距離が若干伸びるということです。大幅に変わるということはありませんので、そこまで意識する必要はありませんが、念のため運転するときには注意しておくと無難でしょう。また、高速道路のように高速のスピードで走るときには夏タイヤが適切です。

特化した性能

おもちゃの車を調べる人

秋が深まると北海道や東北、北陸など早い所では降雪も始まり、車の安全な走行に大きな支障が出始めます。季節が進むと中国地方から九州地方にかけても積雪することがあり、場所によってはスタッドレスタイヤと呼ばれる冬用タイヤか、チェーンを装着した車でなければ走行が規制されることもあります。スタッドレスタイヤとは、通常使用している夏用タイヤと比べて柔らかいコンパウンドのゴムを使用し、トレッドも細かく深く刻まれていて、踏み固められた雪の上でも高いグリップ力を発揮することに特化した性能を与えられており、路面に喰いつき、車を安全に運行することができます。かつて多く使用されていたスパイクタイヤが、路面を削って粉塵が発生する等の問題か使用出来なくなったため、それに変わるスノータイヤの一つとして、スパイクを意味するスタッドが無いという意味でスタッドレスタイヤと呼ばれ、今ではスノータイヤの主力となっています。メーカーによってゴムに配合される物質や構造に工夫が凝らされ、細かく粉砕された胡桃の殻や、突起を持った細かい固形物がスタッド代わりに配合されていたこともあり、目に見えないスパイクタイヤのような商品も存在しています。雪道でその性能をフルに発揮するのがスタッドレスタイヤですが、その柔らかいコンパウンドから、雪が無い路面ではハンドルが重くなり、回頭性が悪くなるばかりか、磨耗が早くなるため、降雪シーズンが終ると速やかに夏用タイヤに交換することが必要です。