保管してもらえる

メリット

男性

冬になると雪が降ったり、路面が凍結したりと車の運転にスタッドレスタイヤは欠かすことが出来ない存在です。スタッドレスタイヤを装着するメリットとしては、スタッドレスタイヤを装着しておけばチェーンのようにその時々で装着する必要がないということです。また、走行もチェーンを装着した際に比べると静かで運転がしやすいことが特徴です。ただ、スタッドレスタイヤはチェーンよりも高額になりますし、通常使用しているタイヤから冬の間だけスタッドレスタイヤに変えるということで、その時々で手間がかかってしまいます。ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに変える時はタイヤの保管場所が必要になります。自宅にタイヤの保管が出来るようなスペースや最適な場所があれば良いのですが、中にはなかなかそういった場所の確保が難しいという場合もあるかもしれません。タイヤショップやカー用品店などではそういった場合のために、タイヤを保管してくれるサービスがあります。タイヤ交換の度にタイヤの持ち運びをする必要もありませんし、タイヤを適切な環境で管理をしてくれるので劣化を防いでくれます。ショップによってそれぞれ預かりの価格などは異なるので、気になる場合は色んなショップに問い合わせなどをして比較してみると良いのではないでしょうか。ちなみにスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに履きかえず、1年中スタッドレスタイヤのまま走行するのはとても危険です。スタッドレスタイヤは雨の日にはかなり滑りやすい状態になってしまうので、その時々でタイヤ交換をしたほうが良いでしょう。

早めの購入がポイント

女性

冬用のタイヤとして以前はタイヤの設置面に金属の鋲を打ち込んだスパイクタイヤが使われていましたが、金属のスパイクが道路を削りそれにより粉塵が発生し人体と環境に悪影響があるということで禁止されました。それで登場したのが軟らかいゴムを使用することでタイヤの設置面を多くした鋲がついていないスタッドレスタイヤです。車が凍結した道路を走ることにより路面上の解けた水が水膜となりそれが原因で車がスリップしやすくなりますが、スタッドレスタイヤはタイヤに刻まれた溝により水膜を取り除く効果がありスリップを防ぎます。タイヤは気温が低くなるとゴムの性質上どうしても硬くなってしまいますが、冬用のスタッドレスタイヤは気温が低くてもしなやかさを失わないような性質になっています。最近では異常気象の影響か11月に初雪を観測する地域もあり、その為10月中にスタッドレスタイヤを購入する人が多いようです。実際に雪が降ってからだとお店も混みますし欲しいサイズのタイヤがないということもあるので必要な人は早めの購入がお勧めです。また新しいタイヤの場合その性能をアップさせる為にある程度の距離の慣らし走行が必要になります。地域により雪の降り方や道路の凍結状況も変わってくるのでその状況に合わせたスタッドレスタイヤを選ぶことが大切です。使わないスタッドレスタイヤの保管場所に困っている場合は保管サービスをしてくれるお店もあるので利用してみるとよいでしょう。

雪道に適したタイヤとは

男女

自動車のタイヤには様々な種類がありますが、大別すると大きく2種類に別れます。普段使うタイヤと雪道で滑らないように考慮して作られたものであるスタッドレスタイヤです。ひと昔前は雪道を走るのであれば、チェーンを使うか、もしくは、スパイクタイヤを使うのが一般的でした。前者は今でも使われています。タイヤを外さずにその場で使えるという利点はありますが、雪の中でこれを装着するする作業は兎に角手間で辛いという欠点があります。また、運転時あまり速度を出せないという欠点もあります。後者のスパイクタイヤは、トラックをはじめとする大型車が早着している場合が多かったです。野球等やゴルフ等ので利用するスパイクと同様のもので、タイヤに突起物をつけ滑らないようにする構造のものです。このタイヤは道路を痛めるということがあり、現在は使われていないものです。これらにとって変わったタイヤが、スタッドレスタイヤタイヤとなります。特徴的は、普通の人タイヤに比べて、ゴムの部分がやわらかい事でしょう。ゴムが柔らかいことによって、路面に対する抵抗をしっかり守り、雪道や凍った道でも滑りにくくなるようにするのです。初期のスタッドレスタイヤは、チェーンと比べると不安定な部分もあり滑ることもありましたが、現在はかなり性能が上がり、そう簡単には滑らなくなっています。ただし、欠点もあります。それはゴムが柔らかいゆえに耐久度が低いことです。雪がない時、あるいは、雪がある場所に行かない時は、スタッドレスタイヤは、できるだけ外しておいた方がよいでしょう。また、素人が自身でタイヤ交換するのは難しいので、業者に任せるのが一番です。最近ではタイヤの持ち込みも可能となっていますし、ネットで購入すれば低価格で手に入れられるでしょう。安心して運転が出来るように、適切なタイヤを選んでいきます。